ロスミンローヤル

「ロスミンローヤル 嘘」について

更新日:

ロスミンローヤルに向く人

向き不向きがある
ロスミンローヤルにピッタリなのは、いわゆる乾燥肌・敏感肌の人。

これらの人はトレチノインやハイドロキノンといったシミに効果を発揮する外用薬が使えません。

というのも、やはり皮膚に直接塗るために刺激が強すぎ、赤くなったりかゆみが起こったり、肌トラブルの元となるからです。

でもロスミンローヤルは体の内側から血行を改善することでシミやそばかすを治そうという飲み薬。肌の表面に副作用が現れることはありません。

おまけに血流が改善すれば、冷え性・肩こりなど、シミ以外の症状にも効果が期待できます。

さらにロスミンローヤルには、妊娠授乳期などの時期の栄養補給という効能もあります。

いわばサプリメント機能も兼用しているので、健康維持にも役立つのです。

ロスミンローヤルの体験談

ロスミンローヤルは小ジワに効果のある国内唯一の医薬品。1種の民間薬として使われていただけあって生薬を多く含み、優しく肌に働きかけるようです。

気になったので実際に買ってみることにしました。

中身を取り出してみると、粒は大きめ。でも、表面はツルツルしていて、飲みにくいということはありません。

なにしろ服用量は1日9粒なので、この飲みやすさはありがたいと思いました。

鼻を近づけてみます。なんだか甘いニオイ……。
ただ薬剤らしい感じで、刺激的なものではありません。

飲んでみました。驚いたことにニオイと同じで、とても甘く感じます。

口の中に含んでいると甘さが広がってしまいますが、すぐ飲み込めば気になりません。

1ヶ月飲み続けてみましたが、明らかに頬や腕のシミが薄くなってきました。小ジワの方への効果はまだハッキリしませんが、期待しながら続けてみるつもりです。

もちろん個人差はあるでしょうが、少なくともシミに関しては私にはバッチリ効いたみたいです。

定期購入もできるみたいなので、もし気になる人は公式サイトをチェックしてみて下さい。

ロスミンローヤルの生薬成分

成分のイメージ

センキュウ

主に北海道で原生している植物で、生薬として使われるのはその根茎を湯通して乾燥させたものです。生理痛、貧血症、冷え性などの婦人病に卓効があり、一般の薬品に広く使われています。

ハンゲ

サトイモ科の多年草であるカラスビシャクの球茎のこと。漢方薬として痰・咳・喘息に用いられ、胃を強くする効果もあります。また、球茎から茎が取れた跡が昔から「へそくり」と呼ばれることから、それが一般に「お金をこっそりためる」という意味の「へそくり」になったともいわれています。

トウキ

日本では江戸時代から広く使われてきた漢方薬の原料。生理痛、生理不順、冷え性など、婦人病一般に効果があります。

シャクヤク

「立てばシャクヤク、座ればボタン」という言い回しで有名な花で、その根が漢方では生薬として用いられています。こちらも婦人病全般に効果がある他、慢性胃腸炎を治癒する働きが有名。

ソウジュツ

キク科ホソバオケラの根茎を乾燥させたもので、慢性胃炎、下痢などに効果があり、整腸作用も期待できます。

タクシャ

オモダカ科サジオモダカの根茎を使った生薬。膀胱の働きを整える他、生理不順、冷え性にも効果があります。

ロスミンローヤルの口コミ情報TOPページへ

-ロスミンローヤル

Copyright© 本当に効いた!ロスミンローヤルの口コミ・効果 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.