ロスミンローヤル

ロスミンローヤルを飲むと白髪が増える

投稿日:

ロスミンローヤルを飲んでいると白髪が増える?

ケアにピッタリ
加齢とともに気になり始めるシミ・小ジワ。そのケアにピッタリだといわれているのがロスミンローヤルです。医薬品としてシミだけでなくシワへの効果が認められていて、にきび、肌荒れ、肩こり、腰痛、神経痛にも効き目がある、といわれています。

第三類医薬品としてネットでも手軽に購入できるところから、各種レビューサイトでも口コミ数が増え続けていて、以下のような高評価の感想が投稿されています——

「友だちのすすめで購入。もう1瓶使い切りましたが、おかげでシミが確実に薄くなってきました。気になっていた目じりのシワも改善された気がします。また顔ばかりでなく、全身の肌ツヤもよくなり、眠りも深くなりました。もっと早く飲み始めればよかったと思っています」

サプリではなく第三類医薬品なので、確実に効果がありました。肌にハリが出てきたし、冷え性も見事に改善。のぼせ、目まいから食欲不振にまで効き目があるので、安いとはいえないお値段にも納得がいきます

小じわ、シミ、肩こり、冷え性と、中年期に出てきた顔や体のトラブルが一気に改善してきました。やはり医薬品は効きますね。単品で買いましたが、飲み続けたいので定期コースを申し込むつもりです」

飲んでいるうちに顔全体の透明感がアップ。それに気になっていた口元のちりめんじわも、1ヶ月もしないうちに改善効果が出てきました(ただ、さすがに頑固なクマや肝斑には即効性はありません)。体の調子も良くなってきたので、飲み続ける意欲がわいてきます」

——このように好評を博しているロスミンローヤルですが、実はネット上で「飲んでいると白髪が増える」という噂が流布されているようです。これって本当なのでしょうか?

調べてみたところ、どうやらそんな噂が流れたのは、「L-システイン」という物質が配合されている点にあるようです。

L-システインは、肌再生に大きな役割を果たすアミノ酸の1種。

肌再生
シミ・そばかすといった肌トラブルの原因となるのは、黒色メラニンという物質。紫外線などの刺激を受けると、肌の基底層に存在するメラノサイトがこの黒色メラニンを生成します。L-システインはこの物質の生成を抑制した上、肌の代謝を促し、角質に沈着しているメラニンを体外に排出してくれるのです。

このようにL-システインは肌コンディションを保つのに欠かせない物質です。それがなぜ白髪の原因になると勘違いされているのでしょう。

おそらくそれは、「L-システインが髪の毛のメラニン生成を阻害する」という誤解があるためだと考えられます。

人の髪は元々色がついていません。そんな白色のものを黒く染めているのは、実はシミの原因ともなるメラニンなのです。

この髪の毛に供給されるメラニンの量は加齢とともに減っていきます。人が年齢を重ねると髪が白くなるのは、このメラニンの減少のためです。

L-システインは確かにシミ・そばかすをケアしてくれますが、それはメラニンの生成を抑え、体外に排出することによります。このことが「メラニン抑制・排出→白髪になる」と短絡的に考えられたのでしょう。

しかし、毛を染める力が阻害されるほどL-システインを体内に取り込もうと思ったら、1日に500ミリグラム程度の摂取が必要となります。ロスミンローヤルに含まれるL-システインの量は1日分で160ミリグラムですから、よほど過剰摂取をしない限り、白髪を増やすリスクなどありません。

どうか安心してロスミンローヤルを飲み続けて下さい。

ロスミンローヤルの口コミ情報TOPページへ

-ロスミンローヤル

Copyright© 本当に効いた!ロスミンローヤルの口コミ・効果 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.