脱毛は痛いけどたえるしかないのか

毎日毎日ムダ毛を処理するのはとてもめんどくさいですよね。
と思い、レーザーの永久脱毛をはじめたのですが。

痛い。とてつもなく痛いのです。

私が施術しているのは、脇、手足、VIO含めた全身です。

背中や手足といった、皮が丈夫な箇所は全然痛くなく、むしろ寝ているだけで毛がなくなってくれるの?というくらいです。

問題は脇や、VIOです。
黒い部分に反応してレーザーを毛根に充てていく施術らしいのですが、
そのあたる瞬間がとてつもなく痛いです。

しかも、3か月に1回という毛の周期に合わせてレーザーを当てるうえに、2・3回当てたくらいだと効果が全然出ません。

なので毛が減ってきたなと感じられる、毛の処理が楽になったと感じられるのは、施術を始めてからだいたい1年はかかります。

その間とくに変化も感じれないのに3か月に1回の痛みと戦うのです。

あまり痛みを感ぜずに施術をすることは可能らしいのですが、そのためには、レーザーを当てる前のジェルを厚く塗るらしいので、それだと効果があまり出ないというデメリットがあります。
せっかくお金も時間もかけてるので、効果は欲しいものですよね。

あの痛みにはなかなか慣れませんが、耐えればすべすべで美しい肌が手に入ると思えば頑張れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です